はじめて喪主・ご遺族になられる方へ

はじめて喪主・ご遺族になられる方へ危篤・臨終時の訃報連絡に始まり、葬儀後の対応まで、喪主・遺族には行うことがたくさんあります。
ここでは、いざ自分が喪主・遺族の立場となったときに知っておきたいことをご紹介します。
※一般的な葬儀(仏式)をご紹介しております。詳細に関しましては、地域・宗派によって異なる場合がございます。

危篤の知らせ~臨終に際して

亡くなってしまった場合、遺族はどうすればよいのでしょうか?
安置場所までご遺体を搬送する車を手配します。(寝台車の手配)
葬儀会館・寺院・ご自宅など、ご安置ができる場所に搬送する車を手配いたします。病院で、お亡くなりになった際は、退院の支度、手続きを済ませ、お世話になった先生や看護婦さんにご挨拶をします。ご自宅に帰られる際は、お布団など、故人様がお休みになれる支度をします。
寝台車とはどのような車なのでしょうか?
ご遺体を搬送するワゴンやバン型の車両のことです。
危篤の知らせ~臨終に際して主に病院・介護施設から葬儀会館・寺院・ご自宅など安置場所ヘ、また、安置場所からお通夜、ご葬儀を行う会場へご遺体を搬送するワゴンやバン型の車両のことです。黒い自動車とは限りません。
「危篤」と連絡があった場合、どすればよいのでしょうか?
お身内(ご親族)へのご連絡をします。
危篤の知らせ~臨終に際して駆けつけることはもちろんですが、お身内(ご親族)への連絡をしましょう。 事前にどなたに知らせるのか決めておかれるとよいでしょう。

ご安置場所への搬送

寝台車には遺族も同乗できますか?
車種により1名ないし2名の方の乗車が可能です。
死亡診断書をお持ちのご遺族様に同乗いただくのが一般的です。安置場所がご自宅の場合、道案内も兼ねています。病院に自動車で来ていて、そのまま置いていけない場合などはご自宅まで先導していただく場合もあります。 安置施設へ搬送の場合もできる限り同乗いただくのがよいでしょう。
安置場所は自宅でないとダメなのでしょうか?
葬儀会館や寺院などに直接搬送させていただくことも可能です。
ご安置場所への搬送葬儀会館の空き状況やお寺様のご都合などにもよりますが、直接お通夜、ご葬儀を行う会場へご遺体を搬送することも可能です。出来れば葬儀社やお寺様へ事前に相談されておくことをお勧めします。

ご安置・お寺などへの連絡

お寺への連絡はどうすればよいのですか?
菩提寺などがございましたら、このタイミングでお知らせしましょう。
お通夜とご葬儀の日時と場所の希望、お寺様のご意向を確認するなど、詳細については弊社スタッフが行いますのでご安心ください。

葬儀内容のお打ち合わせ

打ち合わせではどういったことを決めるのですか?
葬儀の日時や内容、準備品などを決めます。
葬儀内容のお打ち合わせ 葬儀社との打ち合わせでは、たくさんの判断をしなければなりません。わからないことは納得できるまでしっかりときいて決めていくことです。

納棺からお通夜、告別式

納棺はいつ行うのですか?
ご安置からお通夜までの間で行います。
葬儀内容のお打ち合わせ納棺はご安置からお通夜までの間に行います。葬儀社の担当者と打ち合わせをして時間をなどを決めます。

ご葬儀後の流れについて